仮説つれづれ日記

今年は学校を変わり5年生担任です。仮説実験授業は《花と実》でスタートしました☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三態変化16時間目



1月から続けてきたこの『三態変化』の授業書も今日が最終回!
なんとなくざわついた雰囲気で始まり,そのまま終わってしまった感じではあったけど,元気に発言し質問しまくってくれる男子たちのおかげで,またまたブワーッとイメージが大きくふくらんで楽しく締めくくることができた♪

スポンサーサイト
  1. 2006/02/09(木) 16:22:48|
  2. 三態変化2005
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三態変化15時間目




今日からこの授業書も《第3部》に突入だヽ(^。^)丿
といっても・・・2時間で終わる予定・・・f(^ー^;

思わず興味をそそられる派手な実験や不思議な現象のオンパレードだった《第2部》と比べると,《第3部》は「水」に焦点をあてた【お話】がメインの,どちらかといえば地味な展開をみせる。
以前は,「せっかく第2部で盛り上がったんだから第3部はしなくても・・・」なんて考えたこともあったが,これまた勝さんの講座以降,仮説実験授業の運営や「授業書の何にウエイトを置いて伝える努力をするか」ということを考え続けてきた結果,いまや「早く自分なりの工夫を試してみたくて仕方なかった」(笑)

さて,子どもたちの反応はどうかな~? 楽しみ♪

  1. 2006/02/08(水) 16:23:42|
  2. 三態変化2005
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三態変化14時間目



今日は第2部の最後の時間。
【液体を固体にすると体積はどう変化するか?】という問題。

第2部では,主に「液体~気体」間の分子の振る舞いの違いについて,様々な実験を通してイメージを作り上げてきた。そして,「液体から気体に変化するときには体積が500~1000倍近く増える」ということ,「気体状態の分子は激しく運動し飛び交っている」ことを実感しながら確認してきた。
ここでは,その逆方向「液体→固体」について考えることになる。
というわけで,今まで描いてきたイメージを復習してから,今日の問題へと移っていく・・・。

[三態変化14時間目]の続きを読む
  1. 2006/02/07(火) 16:24:36|
  2. 三態変化2005
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三態変化13時間目



先週の金曜日が,行事のために授業らしい授業をしなかったので,3日ぶりとなる『三態変化』の授業。そろそろ第2部も終了である。
今日は【気体である空気(窒素や酸素)も液体や固体にすることはできるだろうか?】という問題であった。

この問題は,第1部の「この世のすべてのものは気体になる」という【お話】と対をなすものだとワタクシメは位置づけている。“もの”をつくっている原子や分子たちがバーッと勢いよく飛び交うイメージをつくりあげるのが第1部のお話だとすれば,逆に「原子や分子がどんどん規則正しく集まっていく」イメージを印象深く与えるのが,今日の授業の部分にあたる。
以前はさほど意識せずにサラッと授業していた部分だけど,今回は効果的な板書を含め,事前準備とイメトレに力を入れてみた(^^)v

[三態変化13時間目]の続きを読む
  1. 2006/02/06(月) 14:33:11|
  2. 三態変化2005
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三態変化12時間目



大いに盛り上がった昨日から引き続き,今日もまたワクワクするような実験が登場した。
その前に,昨日の夜に子どもたちが書いてきてくれた日記を紹介する。


今日の三態変化の授業ですごい実験をしました。ぼくは,総合の授業が大好きです。科学的なことが好きです。これから,どんどん学んでいきたいです。


きっと,多くの子どもたちの心に残る1時間だっただろうな~(^^)

さて今日は,【加熱して発生した水の気体が銅管を通る途中で再び加熱すると,出てきた水蒸気でマッチに火をつけることができるか?】という問題である。

[三態変化12時間目]の続きを読む
  1. 2006/02/02(木) 16:25:49|
  2. 三態変化2005
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三態変化11時間目



この日の問題は,現象的にすごく不思議なことが起こる問題で,子どもたちからもたいてい大きな歓声が上がる。
【加熱されてフラスコから水の気体が出てくるガラス管を,これまた水を入れた水槽の中につけると,ガラス管の先から出る泡はどうなるか?】という問題と,【そのガラス管を水槽の水の中につけたままフラスコを加熱するのをやめると,どんな現象が起こるか?】という問題である。

時間的に1コマでは足りないので,次の時間の授業もつぶして行った。
実はこの日,久しぶりに熱い討論が巻き起こった(^^)v
しかも,論点が非常にシャープに出て,聞いていても実にワクワクするような議論が起こり,実験への視聴率も非常に高かった!

[三態変化11時間目]の続きを読む
  1. 2006/02/01(水) 16:26:45|
  2. 三態変化2005
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三態変化10時間目



久しぶりに「三態変化」の授業を行った。
今日は,【液体の水をフラスコの中で熱して気体にし,ガラス管を通してビニル袋につなげると,袋の様子はどう変化するか】という問題。
ちょっと間が空いたので,前回までの復習を軽くしてからスタート!
※今回も板書記録画像の右端に何やら写っている(^_^;
[三態変化10時間目]の続きを読む
  1. 2006/01/31(火) 16:27:53|
  2. 三態変化2005
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三態変化9時間目



今日は【お話】を1つ読んだだけで終わった。
その次に【ふろく】として,大きな数の表し方のお話があるのだが,それは小学生相手には算数みたいでややこしいし,授業書の流れが悪くなるような気がするのでカット!(^^ゞ
その代わり,【気体の分子の話】というお話を,いかにイキイキとしたイメージを描いてもらうか・・・ということだけ考えて,次につなげることにした。

画像の右端に何やら写っているので,ぼかしてみた(笑)

[三態変化9時間目]の続きを読む
  1. 2006/01/26(木) 16:29:11|
  2. 三態変化2005
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

徳島で小学校教員をしています。

後藤浩之

Author:後藤浩之
小学校教員になって15年目。
仮説実験授業を始めて14年目です。
よろしければコメントをお願いします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。