仮説つれづれ日記

今年は学校を変わり5年生担任です。仮説実験授業は《花と実》でスタートしました☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《もしも原子が見えたなら》5時間目



昼休みは内科検診などがありバタバタしたが,5時間目に《もし原》。
掃除時間に授業の準備を終わらせていたので,スムーズに開始できる。
やっぱ,20分休みや昼休みなど,長い休憩時間を利用して次の授業の準備をじっくりすませる。
そして,段取りよく授業を開始する・・・という方式がボクに合っているみたい。

今日は二酸化炭素が登場する。
今日もまた,今までやってなかった新しいグッズを投入した☆


20070516062331.jpg

まずは,炭素原子の説明と二酸化炭素分子の構成を説明。
“二酸化炭素”という名前だけでも知っている子が多いので,
ここでネーミングについて触れることは,すごく興味を持って聞いてくれる。

また,ボクは原子記号についても触れることにしている。
小難しい話を押しつける・・・という感じじゃなく,子どもたちは喜んで覚えたがるから不思議。
親しみを持って原子・分子の世界に出会っているからだろうな。
そう考えると,シンプルな原子記号は,かえって分子の組成が分かりやすくていいのかもしれない。


20070516065525.jpg

生き物の体には炭素が多く含まれていること。
そして,その炭素と空気中の酸素が結びついて二酸化炭素が発生するとき,
その二酸化炭素分子は激しく動くこと。
それを人間は「熱い」とか「まぶしい」と感じること。
つまり,二酸化炭素の発生している姿が炎の正体であること。

この部分はゆっくり絵を描きながら言葉少なく説明するのがポイントだと思う。
いつも子どもたちは興味を持って「へぇ~」と聞いてくれる。

さらにそのイメージを補強するために,実際に紙を燃やしている。

20070516063146.jpg

「ほら,ほら! 二酸化炭素が発生してブルブル動きまわってるぞ~」
と言いながら炎を見せる。ちょっと熱いσ(^◇^;)
子どもたち1人1人が持っている二酸化炭素分子を振ってもらう。
これだけでも盛り上がる。
まったく,火を使う作業が好きなんだから・・・・・(^_^;)


20070516063400.jpg

ここでNEWグッズの登場! 千葉の亀川さんの真似をして「呼吸説明ブラックBOX」だ!!
昨日の放課後にせっせと作りました。その名も【呼吸くん】(笑)


20070516063531.jpg

「ハイ! 酸素分子5コを入れますよ~。空気を吸うってことだね~・・・」


20070516063625.jpg

「人間は,空気中の酸素を取り入れて,何を吐き出してるんだったっけ?」
「二酸化炭素~!」
「そうですね~。ほら! 箱の中の酸素は二酸化炭素に変わりました♪」
「!!????」



20070516063853.jpg

「え? なんで??」「酸素分子はどこ行ったん?」
「分かった! ゴトセン,その箱見せ~!!!」



20070516063953.jpg

ジャーン☆ 中にからくりがあったんですね~(^^)v

「ギャハハハ! しょうもないこと考えるな~!」
「・・・・・(--メ)」

ま,手品のようなパフォーマンスに盛り上がったのでヨシ♪


20070516064144.jpg

ところで,この【呼吸くん】は優れもので,黒板に貼り付けられます(笑)

「オーイ,今のを黒板に描き直したら・・・なんかおかしいと思わん?」
「!??」「分かった! 体から炭素がなくなっていく!」
「そう! だから人はどうするの?」
「他の植物や動物を食べて炭素を取り入れる☆」
※ここは,持ち上がりの子がすばやく答えてくれました。

「そう。だから,たとえ動かなくても,寝ていても,生きて呼吸をするだけで当然,お腹が空くし,食べ物をとらなくちゃね~」
「今も呼吸をしているけど・・・あ! やはり体の中に炭素がありました」
※といいつつ,ポケットに忍ばせておいた炭素原子を取り出す。

こう説明すると,「なぁるほど~!」と納得してくれるので,すごく好きな部分なのだ(^^)v


「ところで,酸素と炭素が結びついて二酸化炭素が発生するときって,
激しく動いて熱が出るんだったよな? ということは・・・」
「???」
「人間も静かに燃えているんです。それで体温があるんだ!」
「あ! ほなけん,死んだら冷たくなるん?」
「そういうこと♪」

このあと,第1分のまとめのページを配り,ここでちょうど時間。
今日は二酸化炭素しか登場しなかったけど,身近な自然現象とからめた
面白い話題がいっぱい出てきて,またまた子どもたちもノリノリでした。
当然,ボクもノリノリ・・・ヽ(^。^)丿


  1. 2007/05/15(火) 13:45:18|
  2. もし原2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<《日本歴史入門》6,7時間目 | ホーム | 《日本歴史入門》5時間目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gkasetsu.blog53.fc2.com/tb.php/108-e9185e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

徳島で小学校教員をしています。

後藤浩之

Author:後藤浩之
小学校教員になって15年目。
仮説実験授業を始めて14年目です。
よろしければコメントをお願いします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。