仮説つれづれ日記

今年は学校を変わり5年生担任です。仮説実験授業は《花と実》でスタートしました☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《日本歴史入門》16時間目



先週から引き続き,中世~近世への時代の変化をイメージする問題。
「おかね」「本屋」を通して,中世から近世への移り変わりを考えた。
貨幣経済が発展し,関所の制限がゆるくなったことで流通が発展した江戸時代。
この江戸時代の進歩が,中世と近世との庶民のくらしの違いである。

今日は「たべものの歴史」を通じて,その変化を探る。
そこで,最初の復習の時,前回までの問題の復習を行い,「おかね」や「本屋」に関するカードまで貼った。
その上で,「今日はたべものの歴史を通して時代の変化を考えます」と言って,
授業書を配ることにした。

どこまで応用をきかせるか分からないが,子どもによってはひょっとして,
これまでに培ってきた江戸時代の経済・流通の発展のイメージを適用させて
予想を立てたり,悩んだりするかも知れないからだ。


20070613052947.jpg

問題は「パン・サツマイモ・砂糖・茶・たばこがいつ頃から利用され始めたか?」
例によって「作られた・広く使用された」のカードを貼り,「ただあっただけじゃなく,
庶民が普通に生活の中で利用(飲食)し始めた時期がいつ頃かを考えてください」

という風に問題説明をした。

『時代区分のイメージ』(ガリ本図書館)の中で林泰樹さんも触れているが,
これらのものが日本に伝わった時期を考えると,正解はほとんどが「江戸時代以前」となる。
しかし,「どこか一部の地域や人のものとしてあった」ことよりも,
「一般的に広まった」ことの方が時代背景を考えていくときには重要だと思う。
そういう意味で,江戸時代というのは,それまでの時代と比べると,
お金さえ出せばかなり色んなことができるようになってきた時代だと言えるし,
そのような時代への変化が,この授業書で扱う大きなテーマと関わってくるはず。
ということで,授業書に付録としてついている正解よりも,林さんの掲示方法を
マネして,今回も授業に取り組んでみた。

今回は討論が異常に盛り上がった。すべてを記録できないが・・・

それはですね~。お茶は昔から飲んでたの! なんか日本人の伝統って感じ。

サツマイモやけど,おばあちゃんが「昔は生でかじっていた」と話してたような・・・
出た~,おばあちゃん説! 見たんか!(笑)
いや,ほなけど「昔」というのが気になるけん,ア。
ほな,お前のばあちゃんって500年ぐらい生きとるんか?(爆笑)
そのサツマイモやけど,昔から普通に畑で栽培しとったんちゃう?
だから,ウはないと思う。

パンは,明治維新が起きて輸入がさかんになってから広まったと思う。
ほなけん,ウ。
いや,パンはヨーロッパ人が伝えたと思う。だから戦国時代じゃ!
ブブー! 反論します!! 戦国時代にパンが伝わったとしても,
江戸時代は・・・鎖国をしていました~(拍手)
ということで,戦国時代から広まったのは考えられません!
だいたい授業書の43ページを見ろ! 明治の後に日本人の人口に米が追いつか
なくなるときがあるだろ? この時にパンを食べ始めたけん,ウ。
5年生の社会でもやったでえ。パンが広まったのは明治維新の後とちゃう?

砂糖やけど,昔は高価だったと聞いたことがある。ほなけん,あったかもしれんけど,
ずっと昔は身分の高い人しか食べたりしなかったと思う。だからウ。
いや,砂糖はさとうきびから作れるだろ? ということは,ずっと昔からあった。
いやいや,サトウキビはあっても,高価なものだったら庶民のものにならんだろ?
付け加えます。さとうきびが栽培されているのは沖縄です。
そして,沖縄は江戸時代までは日本じゃなく別の国だったんちゃう?
さらに付け足し! 沖縄はけっこう江戸から遠い。昔は別の方法で砂糖を作ったような・・・
とどめを刺します(笑) 沖縄が日本にもどってきたのはアメリカと戦争をしてから。
つまり,現代になってからの話ですね~(拍手)

いや,昔は沖縄まで普通に貿易しよったんちゃうか?
そう! それにサトウキビばかりじゃなく,黒砂糖ってのもある。
黒砂糖って,何からできとん??


議論がごちゃまぜになって,すべてを記録できなかったf(^ー^;
最初は「意見を言おうかな~,どうしようかな~」という感じだったけど,
例によって特攻隊長の女の子がしゃべり出すと,堰を切ったように意見が続く。
最近の,こういった雰囲気がとっても心地いい。

議論の中味は「江戸時代の進歩のイメージ」と深く絡んでいるとは言い難いが,
それでも,「庶民のものになるということに何が関係するか」という部分には
しっかりと目が向いていることが分かる。

このあたり,典型的な仮説実験授業とイメージ検証授業の違いなのかもしれない。
最初に与えられたイメージや科学の原理と常識的直観との対決が鮮明になるのが,
典型的な仮説実験授業ともいえる。
しかし,《日本歴史入門》をやっていて思うのは,必ずしもこれまでの学習事項が
次の問題の決定的な判断基準となるわけじゃないけど,しかし,それをどこかで
意識しながら予想を立てて考え,そしてグラフを見て検証したり,【お話】を読むことで,
だんだんとおおらかなイメージができあがってくる。
だから,この日の討論も,これでいいと思った☆

20070613063728.jpg

結果は,まず口頭で1つずつ発表し,短いお話を配った。
カードを貼って掲示すると,第2部の明治維新の時を思い出すような感じで,
「江戸時代の始まり」の横に黄色いカードがずらりと並ぶ。
これが,林さんの提起された問題の説明と判定の素晴らしいところ。
「江戸時代の進歩」が一目で納得できる。
子どもたちも「やっぱり~(江戸からか)」という声をあげていた。

第1部・2部の段階では「江戸時代は嫌」というイメージをどうしても持って
しまった子どもたち。
しかし,そのイメージがまた覆ってきていることを実感する。
明日がいよいよ最終回!
  1. 2007/06/11(月) 10:35:08|
  2. 日本歴史2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<《燃焼》10時間目 | ホーム | 授業記録更新>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gkasetsu.blog53.fc2.com/tb.php/135-fd9f4fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

徳島で小学校教員をしています。

後藤浩之

Author:後藤浩之
小学校教員になって15年目。
仮説実験授業を始めて14年目です。
よろしければコメントをお願いします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。