仮説つれづれ日記

今年は学校を変わり5年生担任です。仮説実験授業は《花と実》でスタートしました☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《ばねと力》1時間目

1時間目全体板書

6月の《燃焼》以来,更新がとだえていたこのブログだけど,けっこう色んな方に
閲覧してもらっていたことが分かり,頑張って更新を再開することにします☆

更新はとだえていたけど,仮説実験授業はほぼ毎日欠かさずやっていた
わけで,《燃焼》のあとには《背骨のある動物たち》《ドライアイスで遊ぼう》
《自由電子が見えたなら》《ころりん》
をやりました。
今まで,11月フェスティバルの準備や体育主任の仕事などに追われて,
実に忙しい日々を送ってました。それは今も変わらないわけで,以前のように
詳細な記録はアップできないと思うけど・・・頑張ります!!

さて,徳島市は去年から2学期制を採用しているので,機能が後期の始業式でした。
そして今日から始めた新しい授業書・・・《ばねと力》です。
今回で,この授業書をするのは3回目(いや,4回目?)になるわけだけど,
不思議とこの授業書をやると決めたときにはなぜか背筋がシャキッとするというか,
襟を正して授業書に向き合っているような感覚にとらわれます。

比較的に高度な概念を扱っていて,授業運営にもノウハウが必要・・・という
部分も多少あるかと思いますが,やっぱりボク自身の思い入れみたいなもの?
「これぞ仮説実験授業!」みたいな感覚。
この意気込みがマイナスにならないことが,今回一番のテーマかな?(笑)

特に最近,授業書をするときにボクが意識していることが,
「子どもたちが学びたいペース・リズムにそって気持ちよく授業運営する」
ということ。
そのための手だてや工夫はいろいろあると思うけど,一番は,「この授業は
学ぶ内容もさることながら,授業に参加すること自体がたのしい。気持ちいい

と子どもたちに感じてもらえること。
《ばねと力》という経験少ない授業書で,そのめあてにどこまで近づけるか
どうか・・・これもまた,ボクのたのしい実験です☆

さて,この授業を始めるにあたり参考文献をいろいろ引っ張り出してきました。
なにせ歴史のある授業書。出てくるわ,出てくるわ・・・f(^ー^;
それら全部を読み切ってしまうのは不可能なことなので,今回は井上勝さんの
授業ノート
と,『仮説実験授業-授業書〈ばねと力〉によるその具体化』(仮説社)
の2冊をメインの参考書として使用していくことにしました。

まず,最近じっくりと読んだ大黒さんの1時間目の授業記録をもとに
自分の授業のイメージをふくらませながら授業に臨みます。

「今回新しく始める授業書は,俺も緊張しながらもわくわくしとるんよ~。
 仮説実験授業がこの世に誕生してすぐに発表された伝統の授業書やで!」

と言うと,仮説2年目の子どもたち,「おぉl~!」と歓声があがります。
※この時点で,彼ら彼女らはすでに不思議な子どもたち(笑)

「ばね・・・」と板書すると,ボクのクラスでもやはり,「ばねって・・・」「あれ・・・」と
あちらこちらで楽しそうなつぶやきが聞こえ始めます。
「ばね」から連想されるものをいっぱい出してもらいます。

「力」と板書すると,筋肉もりもりマッチョポーズをする子が(^。^)
うーん,日本全国,似たような反応が出るというのが面白い!

授業書1P.を配る前に,ばねセットから実験用ばねを取り出し,
それを配ってみんなに触ったりしてしばらく遊んでもらいました。

1時間目ばねで遊ぶ

ビヨヨ~ンと伸ばしたり,丸めて小さくしたり(おい,こわすなよ(▼▼メ),
めいめい好き勝手に楽しんでくれています。

最初の質問は,「ものが下に落ちるのはどういう力のためか?」というもの。
さすが6年生,スッと手が上がり「引力!」と発表してくれます。
「なんの?」と聞くと,「地球!」と声をそろえてこたえてくれる。
その後,チョークを落としてまわったり,ふでばこを落としてみたり,
授業書の紙切れをふわふわと落としてみたり・・・
そのたびごとに,ボクが“地球がしたから手を伸ばして引っ張っている”ように,
手を添えてパントマイムしてみました(^^)v

最初の問題は,「磁石を上からつるし,糸をつけたクリップを宙ぶらりんにできるか?」
というもの。問題の説明の時,クリップが地球に引っ張られながら落ちていく様子を
見せ,同時に磁石にも吸い付けられるところを見せながら説明しました。
磁石は,アルニコ磁石の超強力なものを持っていきました。
この授業書の,この問題をするためだけに買った希少価値の磁石です(笑)
30㎜はなれていても,クリップを吸い付けます!

ア:宙ぶらりんにはできない・・・2名
「なんか,クリップが倒れそうな気がするから」

イ:少しの間だけ宙ぶらりんに出来る・・・9名
「磁石に吸い付けられるから,上に行こうとして一瞬,宙ぶらりんになるけど,
すぐに地球の引力に引っ張られて下に落ちると思う」

ウ:宙ぶらりんに出来る・・・23名
「地球の引力も,磁石の磁力も,ずっと変わらんわけだろ?
 だったら,糸を離さん限り,宙ぶらりんになると思う」
「イに反論! 地球に引っ張られて下に落ちるというけど,机の上の
クリップを拾うときより,磁石にくっついたクリップを引き離す方が,
手にかかる力が大きかったような気がする。つまり,この場合は
地球の引力より磁力の方が強いと考えられるから,下に落ちるという
ことはあり得ないと思う」



ボクが初めてこの問題を見たとき,「え?どうなるんだろう?」と思ったわけだけど,
子どもたちはけっこう多数派が「できる」と予想を立てて自信ありげです。
でも,結果を実際に間近で見たときは「おぉ~!」という声が上がりました。
授業後に実験道具をさわって楽しむ子どもがいっぱいでした☆

1時間目宙ぶらりん

やっぱり,「分かっちゃいるけど,見た目不思議」な面白実験ですね(^.^)


授業の最初に時間をとりすぎたので(まぁ悪いことじゃないけど),残り時間を
気にしながらあわてて次の問題もやりました。
「前の問題で糸を持っていた手を離すと,クリップはどう動くか?」
これは,大多数の子が「イ:上に動く(磁石に吸い付く)」と予想を立てました。

「手に持っていて宙ぶらりんなんだから,その手を離すと磁石にくっつくはずに
決まっている」
「だって,すぐ上に磁石があって引っ張ってるんやから・・・」


それに対して,3人だけ別の予想を立てていました。

ア:「なんとなく,下に落ちそう」
ウ:「糸を持っている手はただそえているだけで,実は意味がないような・・・」


討論にもならないので,これはすぐに実験。
問題1に入る前の時みたいに,手を離すと勢いよく磁石に吸い付きます。
大きな歓声こそあがらなかったけど,みんなニコニコして授業を終えました☆


ところで,あとから『具体化』を読んで気づいたことだけど,これから力の原理を
考えていくために,ここでは地球の引力以外に「磁石を用いた客観的な力の
概念の導入」がはかられているということ・・・。
よくよく子どもたちの出してくれた意見を見ていると,確かに“力”という定義の
あやふやなものを扱っているにもかかわらず,地球の引力と磁力という2つの
力の大小に目をつけて,それを客観的にながめながら予想を立てていることが
よく分かります。
でも,そういう意味では,問題2の時に,「大多数の子が『クリップは上に動く』
と予想を立てているけど,それはどうして?」という部分を,一度投げかけて
みたら,「そりゃ,このぐらいの距離なら,地球の引力よりも磁力の方が強いもん」
と,2力の力の大小についてはっきりと意識した意見が出たかも知れない・・・
ま,あとから分かったことだから,それほどこだわる部分でもないような気がする
ので,これはこれでいいか☆
それにしても,やはり授業書というのはよくできてます!

1時間目磁石で遊ぶ

授業が終わり給食の準備をしている最中,アルニコ磁石にいろんなものを
くっつけて遊ぶお子様たち・・・f(^ー^;
こういうムードと気楽さを一番大切にしながら,知らず知らずカシコクなっている
ことが実感できるような授業運営を意識し,これから工夫を凝らしていけたら
いいな~と思います。
考えようによっちゃ,高度な概念を扱う授業書だけに,なおさら意識しなければ
ならないことなんだろうな~と思った1時間目でした。
  1. 2007/10/11(木) 11:30:17|
  2. ばねと力2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<《ばねと力》2時間目 | ホーム | 定期講座〈液体空気で遊ぼう〉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gkasetsu.blog53.fc2.com/tb.php/140-5667e1fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

徳島で小学校教員をしています。

後藤浩之

Author:後藤浩之
小学校教員になって15年目。
仮説実験授業を始めて14年目です。
よろしければコメントをお願いします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。