仮説つれづれ日記

今年は学校を変わり5年生担任です。仮説実験授業は《花と実》でスタートしました☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《ばねと力》2時間目

2時間目ばねちか全体板書

昨日は最後に時間が足りなくなって,予定していた「力の原理」の導入まで進めなかったので,
今日は磁石とクリップの問題を復習しながら,力の原理を導入してみました☆

ちょうど昨日,欠席していた子もいたので,予想を立ててもらいながら,またまた
クリップを宙ぶらりんにして見せます。その子には特別,前に出てきてもらって
宙ぶらりんの端の糸を持ってもらったんだけど,手にグッと(でも軽く)磁力を感じて,
その不思議な感覚にニッコリしながら席に帰っていきました。
『具体化』を読んでみると,ちゃんとこう書いてあります。

(「問題2」との関連から)ここでは教師実験ですませ,次の「問題2」のところで
児童実験をやらせることにする。うんと強い磁石があったら,それで教師実験を
してみせたら,なお劇的である。


「遊ぶように仮説」とかいろんな言葉で表されるけど,子どもたちのわくわくする気持ちを
保障する授業運営を考えることが,一番大切なことなんだろうと思います。

「力の原理」の導入では,ちょうどやったばかりのクリップを用いて説明しました。

まず,手に持ったクリップに地球の引力がかかると・・・下に落ちる。
これが力の原理1。

次に,宙ぶらりんの状態で手を離すと,磁石に吸い付く。
でも,もう少し下に下げて磁力が弱まってくると,下に落ちる。
これが力の原理2。

再び,クリップを宙ぶらりんの状態にする。これが力の原理3。


そしてそのあと,男の子に出てきてもらい,ボクと押し合いっこをしながら
もう一度「力の原理1~3」にそって説明しました。
みんな爆笑しながら見てくれたけど,我ながらスムーズな導入♪


さて,今日は「万有引力の話」を読むだけで,1時間が終わってしまいました。
以前は,長いお話なので中だるみが気になったりしたんだけど,今回は,
林泰樹さん考案の掲示物や,井上勝さんの授業ノートに紹介されていた板書例などを
もとに,「子どもにある程度読んでもらい」「その部分を,ボクが掲示物や絵で説明する」
というパターンで進めていったので,比較的リズミカルに進めることができました。

一定のリズムとペースで進んでいくので,眠たい子は気軽にウトウトしていたし(笑),
絵を描いたり掲示物を出しながら説明したので,興味のある子はグッと食いついてきてくれて,
これまた我ながら「うん,上出来☆」と思えたのが嬉しかったな(^.^)


2時間目万有引力

この板書の前に,資料室にあった大きな大きな地球儀をかかえて,
日本の上と,ちょうど反対側のブラジルあたりに人形を立たせて説明。
「落っこちるぞ~!」と笑いを誘います。
そして,この板書をしながら説明しました。


2時間目 地球の引力モデル2

この画像自体は,授業後に撮影したものだけど,このように磁石の周りを
糸つきクリップを宙ぶらりん状態でぐるりと回しながら,「いつも中心方向に
引力がはたらいているから,球形の地球表面すべてに人が立てる」ことを
説明しました。なかなか分かりやすかったみたいです。


2時間目 地球の引力モデル1

同じように,アルニコ磁石の周りにクリップを立ててみました。
横にあるのは「月だ~!」そうです(^◇^;)
そうそう,地球の引力に引っ張られているはずの月が落ちてこないことを
「なんで?」とつぶやいた子がいたけど・・・これって『具体化』にもちゃんと
書かれてあることでした。この部分に目をつけて偉大な発見をしたのが,
なんとニュートンだったんですね~。いや~,我がクラスの子どもたち,生まれて
くるのが何百年か遅すぎた!(笑)


2時間目月の引力

地球の引力と月の引力の違いについては,林さんの掲示物をそのまま使わせてもらいました。
ちょうど放課後に陸上教室が始まっていることもあり,「月で陸上記録会やりたい!」と
子どもたちは盛り上がっておりました。


2時間目質量と重力

質量と重さの違いについては,これは勝さんの板書アイデアが分かりやすかったです。
リンゴを例にとって説明すると,「重さ」としてあらわれるのは,地球上と月面では違いが
あるけれど,リンゴを作る原子はどこにも逃げないしなくならない。したがって,同じように
お腹がおきる。こういうとき,「リンゴの見かけの重さはちがうけど,質量は同じ」だというんだ
・・・と説明すると,子どもたちは「ホ~!」とうなづいてくれました。

この部分,言葉で理解が進む子もいるだろうから,授業書も一通り読んでもらいましたが,
文章自体が分かりにくくて,言葉をもとに説明していると,思考がストップしてしまいそうです。
そういう意味でも,勝さんの板書アイデアに助けてもらいました☆


さて,週が明けて月曜日から,いよいよ力の矢印の書き込みに入ります。
といっても・・・! あとから考えてみると,今日すでになにげなく力の矢印を
子どもたちに示していましたf(^ー^;
でも,何の違和感もなくスッとついてきてくれたので,これでよかったんだろうな!
次の授業では,書き込みできる掲示物をいっぱい印刷しておいて,矢印の書き方が
思いついた子にドンドン書き込んでもらいながら,ワイワイと進めることができたら
いいかな~と考えています。
  1. 2007/10/12(金) 11:30:06|
  2. ばねと力2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<《ばねと力》3時間目 | ホーム | 《ばねと力》1時間目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gkasetsu.blog53.fc2.com/tb.php/141-fdc7cb00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

徳島で小学校教員をしています。

後藤浩之

Author:後藤浩之
小学校教員になって15年目。
仮説実験授業を始めて14年目です。
よろしければコメントをお願いします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。