仮説つれづれ日記

今年は学校を変わり5年生担任です。仮説実験授業は《花と実》でスタートしました☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《ばねと力》5時間目

5時間目ばねちか全体板書

気をよくして取り組んだ5時間目。ボクの当初の心配をよそに,子どもたちは
《ばねと力》の授業を楽しみにしてくれているみたいです。
やはり,授業をするにあたってカタくなっているのは教師の方なんでしょう。
何らかの理由でその授業に対する思い入れが大きければ大きいほど,
子どもたちの反応に対しても過敏になりすぎるのかも知れない。

でも,この授業の盛り上がりはやはり「教室に入るまでの準備」に,
その要があることもよく分かります。
今日もまたいろんな物を持ち込んで,見て,触って,遊んでもらいました☆


5時間目ばねちか前時の復習

まずは前時の復習から。「力の原理1~3」は例によって毎回復唱します。
そろそろそらんじて言える子が現れてきました!
そして,画像のような掲示物を取り出して,軽く思い出しをしてもらいます。
上下ワンセットの矢印フックの法則を想起させるグラフをこの時間のはじめに
持ち出したのは,そのイメージが今日の「強力なバネは伸びるか?」につながる
はずだと思ったからです。


5時間目強いバネを押してみる

授業書を配る前に「今日もバネが登場するけど・・・今までに見せたのとは
ちょっとひと味違うぞ~!」
と言って,先に車に使われるスプリングを見せました。
「こんなん見たことない~」と言って触りたがる子どもたち。そりゃそうでしょ♪
1人1人に押してもらったり引っ張ってもらったりしながら,その強力さを
味わってもらいます。


5時間目強いバネを踏んでみる

「踏んでやれ~!」「お! ちょっと縮んだぞ!?」


5時間目強いバネ

ひとしきりバネの感触を体感して遊んでもらったと,100gのおもりを
なにげに吊します。つるす前に,おもりを手から離して落とすことで,
ちゃんと下向きの地球の引力がかかっているイメージを描いてもらいます。
もちろん,おもりにも触れてもらいます。
「軽いな~!」 ※いや,バネとの比較の問題だろ?(^◇^;)

「さて,いまこのおもりをバネに吊したけど・・・このバネ,ちょっとは伸びてるだろうか??」


5時間目強いバネを調べる

「どれどれ・・・?」
この場合でも,触って確かめたい子は必ずいます(笑)
「分からんな~・・・」


5時間目ばねちか問題8

予想分布はだいたい予想通り。議論も少なかったんだけど,聞いてて面白かった!

ア:伸びんし・・・バネは強いし・・・おもりは軽いし!(笑)

それに対して,イの子からきっぱりとした反論が飛び出します。

イ:そのバネがいくら強くて,おもりはたった100gだとしても,重さは重さだろ?
  100gの重さがかかったと言うことは,そのぶんだけバネは伸びとるはず!


この意見には,前時のフックの法則のことが効いていると思います。
「バネはかかった重さに応じて伸びるもの」「軽い重さにでもちゃんと反応する」
これらの認識を通して,この強力バネの問題に向き合っていることが伝わってきます。
イの子たちの反論を聞いて,3人の子が予想変更しました。
いや~,授業書の構成ってホントよくできている☆

結論は,次のお話を読んでから確認します。

5時間目ばね各種掲示物

「どんなバネでも力が加われば,少しは伸び縮みしているんだ」
という部分では「へぇ~!」という声が出ます。けっこう驚きだったのかな?
そのまま,バネの特性を生かした列車の板バネやソファやベッドのスプリングの写真を見せます。


5時間目ばねばかりの中

前の時間に見せることができなかった台ばかりの中のバネも見てもらいます。
「うわ,ホンマにバネが入っとる!」という声。そりゃ普通,こんなところは見ないもんね。


5時間目紙ばさみのバネ

これは紙ばさみに使われているバネ。力を加えたらもとに戻ろうとするから紙をはさめる。
バネに対する認識と身近な道具がつながって,世界がパーッと開けていく部分。
見せてまわっているときの子どもたちの反応が気持ちいいです♪


5時間目ビックリドンキー
5時間目飛び出すポテト

バネを利用したおもちゃも紹介します。びっくり箱が手近になかったので・・・f(^ー^;
でも,この程度のものでも子どもたちは大喜び。


5時間目ぜんまいおもちゃ

ぜんまいの話が出てくる部分では,ぜんまい仕掛けのおもちゃも登場!
タコやゴリラのユーモラスな動きにみんなで爆笑(^。^)


5時間目ぜんまいおもちゃ分解

おもちゃを見ただけじゃつまらないので,1つをぶっ壊してみました!
中から取りだしたものを見せます。
「これがぜんまいだよ!」「へぇ~!!」


5時間目ばねのおもちゃで遊ぶ

授業の終わりに,おもちゃに群がって遊ぶ子どもたち。これもまた楽しみの1つ。
でも,こういう姿を見ながら「バネと力の世界がどんどん身近になっていってるな」
って感触をつかめるのが気持ちいいです。

それでは,第1部までを終えての子どもたちの感想を紹介します。

○ばねは色々な道具に使われているんだな~と思った。
 車のタイヤの部分にでかいバネが入っているなんて知らなかった。
○大きな強いバネでもほんの少し伸びるということがすごかった!
 バネっておもしろいな~(~v~) もっとやりたい!!


身の回りの世界がグッと広がったことを書いてくれたように思います。
「もっとやりたい!」って言葉がすごく嬉しかったな(^。^)


○力の原理とか矢印の書き方とか覚えるのがたくさんあったけど,楽しかった。
○ばねにも色々の形があるなんて知らんかった!!
 矢印の書き方も知らんかったし,とってもおもしろかった。


「覚えなくちゃならないもの」ではなく,矢印を描いてイメージすることを
楽しんでくれたのかな~?と思っています。


○いつもの実験より,なぜか楽しいような気がした。
○さいごに遊ぶのが楽しかった。最初はぜんぜん意味が分からなかったけど,
 だんだん分かってきた。楽しかった!


上の子の感想と通じる部分があるんだけど,矢印を描いたり触って想像する内に
なにがしかのイメージができあがってきた楽しさを表現しているんだろうと思います。
「いつもより楽しい気がした」と書いた子は,毎回登場したバネを触って確認し,
力の加わり方を想像していた子でした。


○形が変形してもとに戻ろうとする働きをするだけで「バネ」だなんて初めて知った。
 すごくためになった!
○ばねってよく伸びるなぁ~。まぁ,ほなけん「バネ」って言うかも知れんけど・・・。
 バネの力は,上に引っ張る力があるんだなぁって思った。


次の授業書の展開にすぐ結びつきそうな認識の子もいます。
これから先の展開がますます楽しみになってきました☆


○いろんな大きさのバネをさわって,それで実験する!
 実際にさわるからとっても楽しい!! 車のバネなんか初めて触った!!
○この《ばねと力》は,すごく分かりやすくなっていて,意見とか考えやすかった♪
 クリップが宙ぶらりんになったんも面白かったし,すごく気楽に授業できた☆


これらの子の感想は,ボクが考え問いかけた授業運営法に対する子どもたちの
答えとして書いてくれたように思います。すごく嬉しい感想でした!


さあ,明日は午後から出張で慌ただしいので,《ばねと力》はちょっと一休み。
金曜日から,また「心地よい授業運営法」を問いかけながら,頑張っていこう!
  1. 2007/10/17(水) 10:35:11|
  2. ばねと力2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<《ばねと力》6時間目 | ホーム | 《ばねと力》4時間目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gkasetsu.blog53.fc2.com/tb.php/144-36975009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

徳島で小学校教員をしています。

後藤浩之

Author:後藤浩之
小学校教員になって15年目。
仮説実験授業を始めて14年目です。
よろしければコメントをお願いします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。