仮説つれづれ日記

今年は学校を変わり5年生担任です。仮説実験授業は《花と実》でスタートしました☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《世界の国旗》6時間目

06時間目問題10討論前

今日は第1部の最後まで進んでしまおうかと考えていた。
明日,時間割の都合で《世界の国旗》ができそうにないので,週をまたぐよりも,
今週中に授業書の一区切りがついている方が思考のまとまりもスッキリするかな~・・・
なんて思ってたわけだけど,これは子どもたちが予想以上に問題に食いついてきたので
あっさりと崩れ去った(笑)

ま,とってもいいことではある☆

食いついてきたのは,「イスラム教の国々は赤十字社に加盟しているか?」
「加盟はしているけど別の旗を作っているか?」「加盟もしていないか?」

という問題。

ちょうど前時の終わりに「三日月デザインの国旗」を扱い,その国々がアジアやアフリカに
広く分布していること,それらがイスラム教の国々であることを,「へぇ~!」という驚きと
ともに知った子どもたち。
世界の三大宗教といえば,「仏教・キリスト教・イスラム教」であることは,実は歴史の
学習の中でも既に触れていた。
しかし,日本人にとっては馴染みの薄いイスラム教。
キリスト教についてはイメージが湧いても,イスラム教というと,最近のテロのニュースなど
から得た「怪しげなイメージ」しか描けないみたい。事実,子どもの頃のボクもそうだった。

でも,たくさんの国々がイスラム教を国教としていることや,自分たちが思うよりはるかに
多くのイスラムの国があるということ・・・これを,新鮮な驚きでもって知った前時だった。

今日の問題ではまず,イスラム教国家が世界に広く分布していることを押さえた上で,
キリスト教との長い争いの歴史について軽く触れておく。
次に,赤十字の旗についても触れる。当然,キリスト教をあらわす十字架の話も思い出してもらう。
その上で,「さて,イスラムの国々は,長い争いの歴史のこともあって,赤十字の旗なんて認められないのだろうか? それとも,人道主義的な立場からして気にしていないのか? 加盟はしているけど気にはしているから,別の旗をつくっているのだろうか?」と問いかける。
これに,予想以上のたくさんの意見が飛び出した。


06時間目問題10討論後

「助け合いの精神をもとにした組織なんだから,旗のデザインなんか気にして加盟しないはずがない」
「いや,それだったらもとから争いなんか起こらんはず」
「だいたい,赤十字というのは対立国でできた組織だから,そういうのに加盟するか?」
「そう,テロとかあるし・・・」
「いや,それはごく一部の話だろ? ぜんぶのイスラム教がそんなんじゃないはず」
「やっぱりな,助け合いの精神の組織には宗教は関係なく加盟すると思うんよ。
 でもな,やっぱり十字架は許せんと思うんよ」
「だとしたら,別組織をつくると思わんか?」
「ほれだったら,助け合いにはならんだろ」
「だいたい,別の旗を作るっていったら,どんな旗にするというん?」
「たぶん,×印じゃ!」(笑)
「ほれだったら,やっぱり別組織になるだろ」
「それに,斜めに見たら十字架やし」
・・・・・・


こんな感じで,延々と議論が続いた。
今まで何度か《世界の国旗》を6年生でやった経験はあるんだけど,この問題において
ここまで活発に議論が起きたのは初めてのこと!

このクラスの半数は,去年から持ち上がって担任している。したがって,仮説2年目の子も多くいる。
「どれだけ活発な討論が起きたか」ということを授業の成否の指標にする気はまったくないけど,「考え,意見を出し,議論する」ことを楽しんでいる証しではあると思う。
4月は「静かなクラスだな~・・・」なんて思ってたのがウソのよう。
子どもたちにとっての仮説実験授業の積み重ね。ボク自身の授業運営の工夫の積み重ね。
「積み重ね」というものが花開いた結果を目の当たりにしているようで,ボクの司会を待たず勝手に議論して笑い合っている子どもたちを見ながら感慨深い思いが湧いてきた♪

結論は,まず消去法でドキドキしてもらいながら結果の発表を行い,その後,赤新月旗を見せた。
「おぉ~!三日月じゃ!!」という声があがる。なかなかに楽しい1時間だった☆


06時間目色塗り2
06時間目色塗り1

残り時間からして,もう1問すすめるのはやめて,ここまで登場した中で気に入った国旗を選んで色塗りをしてもらった。「色塗りをしながらイメージを作っていく」授業書だと言われているけど,ボクは時間の都合上,すべての国旗に色を塗ってもらったりはしていない。でも,《もし原》の授業で「ただの色塗り作業のように思えても,子どもたちはイメージをふくらませながら楽しんでいるんだ」ということを思い知っているので,こういう時間も確保するようにしている。
たいてい,【①地図当てクイズ~②3分ほどで前時の復習~③1問か2問すすむ~④5分は残して気に入った国旗の色塗り】といった感じで毎回の授業を進めている。

第1部の終了は,月曜日に持ち越しだな!
  1. 2008/01/31(木) 11:30:29|
  2. 世界の国旗2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<《電流と磁石》9時間目 | ホーム | 《電流と磁石》8時間目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gkasetsu.blog53.fc2.com/tb.php/173-c464cdaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

徳島で小学校教員をしています。

後藤浩之

Author:後藤浩之
小学校教員になって15年目。
仮説実験授業を始めて14年目です。
よろしければコメントをお願いします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。