仮説つれづれ日記

今年は学校を変わり5年生担任です。仮説実験授業は《花と実》でスタートしました☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

《電流と磁石》8時間目

08時間目電流と磁石全体板書

1日休みをはさんだ今日は,ちょっと異質な展開を見せます。
「電流」からは離れ,「磁石の周りにできた磁界の様子を想像しよう」という問題。
「目に見えないものをイメージする」という仮説実験授業の醍醐味を味わえる部分です。
そのための手段として用いられるのが砂鉄・・・。

ボクは,磁力線の図などは今までに何度も目にしたことがあるんだけど,砂鉄をばらまく実験は,実際に自分の目で確認したことはありません。ひょっとしたらそういう経験があるのかもしれないけど,少なくとも記憶には残っていません。
だから,最初は「この部分は本当に楽しいのかな? 大丈夫かな?」と疑心暗鬼でした。
でも,前日に予備実験をしていて,そのあまりもの見事さに,夜中の教室で1人興奮していました。「これなら子どもたちも絶対に感動してくれるに違いない!」。やっぱり,授業書を読んだだけじゃ分からないものがありますね・・・f(^ー^;

08時間目導入

前時の復習場面です。例によって,子どもにエルステッドさんの似顔絵を描いてもらいます。
ただ今日は,「磁界」という言葉を強調して押さえておきました。次への伏線となるからです。

今日の最初の問題は【棒磁石の周りにできた磁界の様子を絵に描いてみよう】というもの。
でも,「電流を流すと磁界ができる」ことは体験した子どもたちだけど,「磁石の周りには磁界がある」といわれてもピンと来ないはずです。磁石が鉄をすいつけるのを見て,「そこに磁界がある」と考えはずはないからです。


08時間目クリップを磁石に

電流を流すと,方位針を動かしました。それと同じように,棒磁石はクリップを上に動かします。


08時間目クリップを離すと

ほら,手を離すとクリップは上に動くでしょヽ(^。^)丿
このとき,《ばねと力》の授業を思い出してもらって,「目には見えないけど,このクリップにはどうやら上向きの力が加わったよな。だから,それを目に見えるようにする手段の1つとして『力の矢印』を描いただろ? 今回も同じように,磁石の極が出す力をイメージして描いてみたらいいんじゃよ。ちなみに,その矢印はN極から出発してS極に向くように描きます」と説明し,指で矢印を示してみます。


08時間目棒磁石の周りに方位磁針

それから棒磁石の周りに小さな方位磁石を置いて,そのN極の向きを確認してもらいます。


08時間目見えない磁界を想像する

見えない磁界を,N極の向きを頼りに指さしながら想像しているようです。


08時間目磁界の想像図1
08時間目磁界の想像図2
08時間目磁界の想像図3

子どもたちが描いてくれた予想図です。
この段階では,「正確に書けたかどうか」はまったく重視しません。
とにかく,「目に見えないものを想像してイメージできた」「それを何らかの形にあらわすことができた」というだけで,その子にとっての大きな一歩として認めてあげたいのです。どちらにせよ,このあとの砂鉄を使った磁界観察で,子どもたちは感動的に磁界の様子に出会うことができるのです☆


08時間目棒磁石の周りの磁界

ジャーン! これが砂鉄によって明らかになった棒磁石の周りの磁界の様子。
あまりにも見事に砂鉄が散らばる様子を見て,「すごい!」「きれい~♪」という声があがっていました。ボクも,ここまで見事な結果が出ることは知らず,昨日の夜に1人で大騒ぎしたのです。いや~,それにしても見事です☆


08時間目U字型磁石の問題

次の問題は,U字型磁石を2つ並べたときの磁界の様子です。
次の問題との兼ね合いで「どうしようかな~?」と迷ったものの,ここでもやはり考えるための手がかりとして方位磁石を置いてあげることにしました。磁界を想像して描く経験など初めての子どもたちばかりなので,やっぱりできるだけ手がかりを提供してあげた方がいいと考えたからです。


08時間目相談して磁界を想像

さっきの実験で分かった棒磁石の磁界の様子をもとにして,友だちと相談しながら想像図を描き込んでいます。自分なりの予想を立ててから観察してくれさえすればそれでいい☆


08時間目砂鉄

それでは,実験の手順です。砂鉄はこのような入れ物に入れておきます。
1つはフィルムケースの蓋に穴を開け,ガーゼをかぶせたものです。


08時間目U字型磁石にTPシート

透明のシート(TPシートなど)を上にかぶせます。「磁石が透けて見える」というのがポイント!


08時間目砂鉄を降りかける

そして砂鉄をパラパラと降りかけていきます。「ドバッ!」と出てしまっても大丈夫。
シートの周りを指で軽く「トントン」と叩いてやると,磁界の向きに沿って,それはそれはきれいに移動してくれます。


08時間目U字型磁石の磁界

細かい部分をガーゼ付きフィルムケースで補修して・・・できあがり!


08時間目砂鉄をさわってみる

思わず触りたくなるくらい見事です。子どもたちも感心しきり!
いや~,これを見せてあげただけでも,この授業書をやった甲斐がある・・・というくらい,それはそれは見事に磁界が浮かび上がります。

予想を立てて観察するだけの授業だったけど,今日もまた歓声があふれる楽しい1時間でした。
  1. 2008/01/31(木) 10:35:48|
  2. 電流と磁石2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<《世界の国旗》6時間目 | ホーム | 《世界の国旗》5時間目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gkasetsu.blog53.fc2.com/tb.php/176-46110364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

徳島で小学校教員をしています。

後藤浩之

Author:後藤浩之
小学校教員になって15年目。
仮説実験授業を始めて14年目です。
よろしければコメントをお願いします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。