仮説つれづれ日記

今年は学校を変わり5年生担任です。仮説実験授業は《花と実》でスタートしました☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェスティバル打ち上げ

定期講座が終わったあと,ボクは急いで駅前の居酒屋へ。
今日は,2週間前の仮説実験授業フェスティバルin四国大学
のスタッフ打ち上げ会。小野さんをはじめ,ゼミの学生達。
それから,県外からもさんかしてくれて,30名ちょっとの
宴会となった☆

いつものように,飲んで騒いだ打ち上げだけど,ボクとしては
大切な仕事が残っていた。
それは,フェスティバルの会計の後処理。
高知の松木さん,小野さん,香川の滝さんとそれとなく話を
しながら,なんとかやりくりのメドがつきましたヽ(^。^)丿

あと,来年のフェスティバルに向けての構想を話し合う。
松木さんから,とっても大切なアドバイスをいただいた☆
今年はなにせ「初めて」ということがあり,会が近づくにつれて
どうしようもなくバタバタしたんだけど,次からは役割分担を
明確にして,もっとスムーズな運営ができたらいいな。
というわけで,5月までにはフェスティバルの案内をほぼ
完成させる計画を立てました(^^)v

打ち上げの席で,松木さんが教えてくれた話に思わずホロリ。

「今回のフェスティバルでスタッフとして動いた徳島のメンバーは,
 後藤田先生のもとで勉強をしていたメンバーなんですよ。
 子どもの方を向いて,着実に仕事をしていた後藤田先生が
 まいた種が,いま花ひらいたいということですね」


と,板倉先生に話してくれていたらしい。
板倉先生は,そのいきさつは知らずに「そうなんですか~」と
うなづいていたそうだけど・・・
松木さんのその配慮にも,言葉にも,思わずホロリと来てしまった。

フェスティバルの講演記録や参加者の感想など,会の記録を
まとめたら,改めて後藤田先生に挨拶に行こうと話をした。
思えば,ボクたちのサークルが結成されてから13年(14年?)。
こんな大きな会を主催する事なんて考えもしなかったし,できる
とも思っていなかった。
でも,その間にサークルに顔を出す人が少しずつ増え,そして
「たのしい授業」を核に子どもたちとの関わりを考える仲間の輪が
広がり,そして今回のビッグイベントにつながった。

今までの自分たちの歩みをふと振り返ったし,感慨がわいてきた
今回の打ち上げだった。来年のフェスティバルも頑張ろう!
1人でも多く,たのしい授業をうける子どもが増えて欲しいし,
一緒に歩んでいける仲間が増えたらいいな。
そんな夢を改めて描いた飲み会だった(^^)v
  1. 2007/12/08(土) 18:30:10|
  2. 仮説フェス2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2007年最後のサークル定例会 | ホーム | 最後の定期講座《ものとその重さ》>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gkasetsu.blog53.fc2.com/tb.php/240-1ec583ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

徳島で小学校教員をしています。

後藤浩之

Author:後藤浩之
小学校教員になって15年目。
仮説実験授業を始めて14年目です。
よろしければコメントをお願いします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。