仮説つれづれ日記

今年は学校を変わり5年生担任です。仮説実験授業は《花と実》でスタートしました☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仮説実験授業フェスティバルin四国大学1日目

案内表示

いよいよやって来た!
仮説実験授業フェスティバルin四国大学の初日である。
スタッフは8時集合だった。ボクは,今回の会のお手伝いに来て
くれることになっていたハルを迎えに行く用事もあったので,
けっこう早起きしなければならなかった。
でも,前日までの無理がたたって,目覚めとともに軽く頭痛。
しかし,そんなこと言ってられない。今日ほど体にむち打って
起き上がった日があっただろうか・・・ってな勢いだf(^ー^;

予定よりちょっと出発が遅れたものの,8時ちょうどに四国大学に
到着する。そのまま,朝一番のスタッフ会議開始!

ボーッとした頭で受付までの段取りを説明し,そのあとボクは
再び家に帰る。なんと,携帯電話を忘れてきたのだf(^ー^;
「別になくてもイイじゃん。会場にいるんだし・・・」
とも一瞬考えたが,実行委員長だけにアチコチからジャンジャン
電話がかかってくる可能性大! というわけで,朝一番から
大失態をおかしてしまった。
睡眠不足と熱が出てボーッとしていたおかげで,緊張だけは感じ
なかったけど,このままじゃどうもいかんな~・・・


受付

だいたい想定通りの時刻に参加者が集まり始める。
受付をしてくれている大学生の中に,ボクの教え子もいる。
ここらあたりから,体がシャキッとしはじめた☆


売り場

これはエントランスホール内の仮説社の売り場。
今回,場所設定をミスって人の流れがもうひとつ悪かったわけ
だけど,それでも多くの人が書籍や実験道具を手にとって,
見てみたり,購入したりしていた。


ものづくり

受付をすませた人は,講演が始まるまでのしばらくの間,
ものづくりコーナーで楽しんでもらう。
画像は「くるくるアニメーション」のコーナーでの一コマ。

実は,このコーナーを担当してもらったのは,桜谷時代の
ボクの教え子の2人。彼女たちは現在,教育の世界とは
まったく別の道を進んでいるけれど,この会のためにわざわざ
二日間とも予定を空けてかけつけてくれたのだ。
また,手にとって工作しているのは愛知県のY朗さん。
この会への参加申込みをいち早く行ってくれたり,たくさんの
資料を送ってくれたり,準備段階から励まし続けてくれた方。

Y朗さんたちの刈谷の会を参考に,今回のフェスティバルを
企画した。ボクにとって憧れであり,応援してくれてる方が,
ボクの教え子と話しながらニコニコとものづくりをしている。
何だか,それだけでジーンとしてしまった・・・σ(^◇^;)


浮力と密度

これは,10時から公開授業として開始した《浮力と密度》の教室。
実は,中高生向けのこのクラスにも,ボクの教え子が複数いた。
このブログでもちょくちょく登場してくれている小夏さんも♪
懐かしの中3メンバーもいる!


小野さん講演

11時からは,3つの小講演が始まる。
画像は,小野さんの「仮説実験授業の考え方と方法」という講演。
《自由電子が見えたなら》をモチーフに,仮説実験授業について
話をされていた。

昼のものづくり

昼休みになると,フェスティバル参加者と科学教室に参加していた
子どもたちが一緒になってものづくりコーナーをまわって楽しめる
ような企画にしていた。子どもたちがいるだけで,会場の雰囲気が
実にあったかいものになるから不思議。公開授業を中心においた
企画は大成功だったな。高知のみなさんに感謝!


折り染めも大盛況

徳島のサークルメンバーが運営していた「折り染め」のコーナー。
こちらは予想をはるかに上回る大盛況ぶりだった☆
B東さん,お疲れさまでした!


三態変化講座

長めに設定した昼休みが終わり,午後はいよいよ授業書講座。
画像は,愛知の伊藤正道さんの《三態変化》の講座。
刈谷のフェスティバルの実行委員長であり,1年前からボクを
特に気にかけて応援し続けてくれた方だ。
時々送ってきてくれる正道さんからの便りのおかげで,ボクは
精神的に行き詰まったりせず,この日を迎えられた気がする。
ありがとうございました<(_ _)>


電池と回路講座

これは《電池と回路》の講座。担当しているのは香川県の
滝さんと三好さん。お二人とも,去年の夏の大会を運営した
経験をもとに,実務面でかなり助けていただいた☆


燃焼

科学教室(公開授業)は午後も続いている。
この《燃焼》のクラスにも,去年のボクの教え子が2人いる。
また,これは高学年クラスということで,8月のわくわくの時,
ボクの行う《もしも原子が見えたなら》の授業に参加してくれて
いた子もいて,「おぉ!久しぶり♪」なんて嬉しい再会もあった。


板倉講演

今回のフェスティバルで,一番のBIGサプライズだったのは・・・
なんと,研究会代表の板倉聖宣さんが急きょ参加されることに
なり,講演をしてくれたということだろうヽ(^。^)丿
体調の関係で,今年の板倉さんの参加は見送りになりそうな
感じだったんだけど,これには研究会員のみならず,大学生も
喜んでいた。もちろん,仮説三昧の小学校生活を過ごした
ボクの教え子たちも同じ。ただ,「板ピーだ♪」と言ってたこと
は,板倉さんにはナイショだけど・・・σ(^◇^;)

今回,初日の参加者数は予想をはるかに上回り,150名を超えた。
大勢の人がホールにあふれかえり,子どもたちと一緒にものづくり
を楽しんでいる姿を見てると,いつの間にかボクも体のしんどさを
忘れてしまっていた。

かくして大盛況のうちに初日を終わり,翌日の打ち合わせをすませ
たあと,ボクはお手伝いをしてくれた2人を連れて晩ご飯に出かけた。

071123_2055~0001.jpg

本当,この程度のお礼はしなくちゃね!

かくして無事にフェスティバル1日目の夜は更けていった・・・・
となるといいんだけど,ボクには翌日の講座の準備が残ってる。
お二人を送り届けたあと,また遅くまで実験道具をかき集めたり
買い物に出かけたりしていたのでした・・・。
  1. 2007/11/23(金) 08:00:06|
  2. 仮説フェス2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仮説実験授業フェスティバルin四国大学2日目 | ホーム | フェスティバル前日準備>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gkasetsu.blog53.fc2.com/tb.php/243-7f7aa414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

徳島で小学校教員をしています。

後藤浩之

Author:後藤浩之
小学校教員になって15年目。
仮説実験授業を始めて14年目です。
よろしければコメントをお願いします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。