仮説つれづれ日記

今年は学校を変わり5年生担任です。仮説実験授業は《花と実》でスタートしました☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

定期講座《宇宙への道》



今日は月に1回の徳島定期仮説実験授業講座の日。
今回で第Ⅱ期の4回目にあたる。けっこう続いてる♪
今回は『宇宙への道』という授業書をとりあげた。

ちなみにこの授業書,ワタクシメが初めてきちんと行った仮説実験授業の授業書であるヽ(^。^)丿
教師2年目の時。今と同じく5年生を担任しているときだ。
そうそう,偶然にもその時の教室は,いま使っている教室なのだ!
実験道具も何も持ってなかったけど,オカケンさんに借りたり,仮説社に注文したりしながら,放課後の教室で夢中になって次の日の授業の準備をしていた姿を,今でも鮮明に思い出せる。
それほど,この授業をしたことは,子どもたちにとってもワタクシメにとっても,強烈なインパクトを与えるものだった♪

それからというもの,すっかり仮説にのめり込むことになったわけであるが,あれから10年以上の時が過ぎて,「いま」のワタクシメが,今度は講座という形でこの授業書で授業をする。
不思議な緊張とワクワク感があった☆


なにせ授業書を開くこと自体が久しぶりだったので,準備を始めた当初はさっぱり授業をしているイメージが湧かなかった。
しかしそのことによって逆に,新鮮な気持ちで講座運営ができた。

画像は,太陽系の惑星の写真をならべて,惑星モデルを作りながら,太陽系の大きさを想像しているところ。
昔に授業をしたときは,こんな写真は持っていなかった(^^ゞ

仮説に出会った頃=ずいぶん若い頃のワタクシメと,今のワタクシメとでは,授業運営における力点や問題の説明や掲示の工夫の仕方がずいぶん違ってきていることだろう。
それでも,今も昔も同じように,この授業をうけた人たちに“宇宙のイメージがすっかり変わってしまう”ようなインパクトと感動を感じてもらえるのは・・・
やはり,教材としての授業書が優れているからだろうな。


あの時に,ワタクシメと一緒になって大宇宙の果てしない広さに驚き,初めてのたのしい科学の授業に歓喜した子どもたちも,今年は22歳になる。ちょくちょく飲みに行ってるメンバーであるが,大人になった今でも,初めての仮説実験授業のことを覚えてくれている。

なんだか,久しぶりに,学校でもこの授業をしたくなってきた☆
総合の時間をうまくやりくりして,今の【ゴッチ組】の子どもたちにも体験してもらうことにしよう!


ところでオカケンさん,講座の画像を送ってくださいね♪
  1. 2006/10/14(土) 09:00:22|
  2. 定期講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第1回実行委員会 | ホーム | 高知へと・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gkasetsu.blog53.fc2.com/tb.php/300-b029a1e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

徳島で小学校教員をしています。

後藤浩之

Author:後藤浩之
小学校教員になって15年目。
仮説実験授業を始めて14年目です。
よろしければコメントをお願いします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。