仮説つれづれ日記

今年は学校を変わり5年生担任です。仮説実験授業は《花と実》でスタートしました☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

虹と光画像集・・・とりあえずの形に☆

虹と光作成中
夏休みに入ってコツコツと取り組んでいた作業に,今日メドがついた☆
1学期の終わりに,学年合同で取り組んだ《虹と光》の授業。
なにせ60人を相手にした授業だということで,授業に必要なものはほぼ
そろえきっていたボクも,今回は新たにいろんなものを集め直した。
その1つに見せることができると効果的な画像・動画などがある。
それらを,授業書の最初からページごとに整理していったのだ(^^)v

もともとは,「とある男の子に見てもらえたらいいかな♪」と考えて整理を
始めたもの。今日,ある程度まとまった画像集をUSBメモリに入れて,
彼の家に持っていき預けてきた☆

ちょっとした事情で,一緒にこの授業を体験できなかった彼。
その彼でも,「1人でただ授業書だけを読む」のではなく,写真を見たり,
実験の疑似体験をしながら,一緒に授業をうけている感覚とできるだけ
近い状態で,家でも感動的に授業書を読み進めてもらうことができたら
・・・と考えたのが始まり。喜んでもらえたらいいのだけれど♪

ところが,この作業を始めてからふと思い立ったことがある。
「これはきっと,サークルメンバーや研究会員にも喜ばれる仕事に
 なるんじゃないだろうか!?」


                    *

今までは,「これ授業に使える♪」と思った画像や資料などがあれば,
PCに取り込んだ後すぐに印刷して,掲示物の形にしていた。
ところがそれをやると,量が膨大なものになるばかりじゃなく,
「必要なもの・無理に見せなくていいもの」の区別がつかなくなり,
授業セットの整とんもままならなくなってしまうデメリットがあった。

その点,授業書の頁ごとに整理しておけば,必要な場面でそれを
取り出して使うかどうか・・・授業をする人の判断で取捨選択できる。
「ボクの授業の記録を残しておく」という点でも役に立つ☆

                    *

それに,大量の画像をプリントアウトしておくと,授業の前にそれらを
提示順に整とんし直す作業に,意外と手間取る。授業中も然り。

加えて,多くの情報を提供するのは,特にこの授業書のように「教室で
いつでも見ることはできないもの」を見せる点においては効果的だけど,
それらをズラッと黒板にならべてしまうと,板書が煩雑になってしまい,
本当に押さえておきたいポイントが分かりにくくなってしまうことがある。

その点,今ボクが「ものすごく効果的だ!」と注目しているのが,
プロジェクタとPC・実物投影機を活用した授業運営だ☆


この方法だと,大勢の子どもたちにいろんな画像を大きく見せてあげる
ことが容易になるし,多くの情報量を提示することに無理がない。
そして,「しっかりと押さえておきたいポイント」だけを掲示物の形にして
「板書して残しておく」ことができる。授業が終わった後に,1時間の
授業の流れが視覚的にスッキリと整とんされている☆

授業の様子
今年,途中からこの授業運営法に変更して授業を進めていった
その1コマ。ボクも非常にやりやすくなった(^。^)

これらは,わくわく科学教室で授業をするオカケンさんやアキラさん
のやり方を見て勉強させてもらったこと。
今ボクの教室には,プロジェクタもPC・実物投影機も,「電源さえ
入れればいつでも使用できる」状態にしてセットしている☆

                    *

ところが・・・この「画像集」。まだ完成したわけではない・・・f(^ー^;
今までアチコチに散らばっていたデータを集め直して整とんするだけ
じゃなく,ページごとに整とんするため動画を分割したり,写真集や
掲示物などはスキャンして画像にして取り込み直したり・・・・・
「それが本当に必要なものかどうか」を吟味し直したり・・・・・

ボクは,考え出すと作業がストップしてしまうので時間がかかる(^◇^;)

でも,とりあえずの形にして次のサークルにデータを持っていけば,
次に授業をする人が,それをベースにさらにいいものを作ってくれる
かもしれない。
また,この授業書でつくったものをもとにして,他の授業書でも
このようなものができあがっていけば・・・・・
少なくとも,ボクたちの周りでは大きな財産になるはずだと思う☆

8月10~12日,今年もボクは京都である授業科学の会にて
《三態変化》の講座講師をすることになっている。
この授業書で講座を担当させてもらうのは4回目になるボク。
正直言って,授業運営において目新しいものなど何もないけれど,
「プロジェクタを用いた授業運営法」にて何かを提案できるかも・・・
という風に考えている。

本当に《三態変化》の授業においても効果的なことなのか。
そもそも,そのためのデータベースを作成することができるのか。
ちょっと自信はないけどσ(^◇^;)・・・・・でも,夏の大会に参加して
いない分,この授業科学の会で,今のボクの研究(授業運営法)に
ついて発表するつもりで準備を進めていこう・・・と考えている☆

  1. 2009/07/30(木) 23:56:52|
  2. 実験道具・掲示物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
| ホーム | 09.07.25わくわく〈ロケットで遊ぼう〉>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. |
  2. 2010/08/30(月) 00:19:10 |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gkasetsu.blog53.fc2.com/tb.php/368-d0677faa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

徳島で小学校教員をしています。

後藤浩之

Author:後藤浩之
小学校教員になって15年目。
仮説実験授業を始めて14年目です。
よろしければコメントをお願いします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。