仮説つれづれ日記

今年は学校を変わり5年生担任です。仮説実験授業は《花と実》でスタートしました☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

花と実16時間目



今日は【パイナップルにも花が咲くか】という問題。
実に意外なところをついた楽しい問題です(^.^)


(準備したもの)
●花と実掲示物セット ●パイナップル2個(500円) ●包丁・まな板


まず,昨日までの復習。

1.おしべの花粉がめしべの先につくことで,めしべの下にある子房がふくらんで実ができる。
2.八重咲きの花のように,受粉がうまくできなかったり,そのはたらきが弱まると,花が咲いても実はできない。


以上のことを確認することで,次の「科学の言葉:花」の重要性が今まで以上にクローズアップされてくる。

○子房の付いているめしべや花粉のついているおしべがあって,実をならせるはたらきのあるものはみんな花

「普段の生活では,きれいな花びらのついたものを見たら『あ,花が咲いている』って思うけど,科学の世界では,『実をならすはたらきをするのが花』ってことなんよな。これは納得する?」
「うん!」
ということで,次の【問題】を配る・・・


まず,「今日はみんながよく知っているものをスーパーで買ってきました。果物です!」と宣言し,目をつぶってもらい匂いで想像してもらう(^^)
「おぉ~,これはひょっとして!」などと嬉しそうな声をあげる子どもたち(笑)
そして登場・・・・・↓

060510_2135~0001.jpg

ジャーン☆ この姿を見たとき,「やったー!」という大歓声があがったのは,ひょっとして授業後の《後かたづけ》を期待して?(笑)


予想を立ててもらうと,《ア:花が咲く》と考えた子がほとんど。もっと迷うと思ったんだけどな~。


《イ:花は咲かない》の予想の理由

●パイナップルは実じゃないと思う。花が咲くなんて聞いたことない。
●そのパイナップルをよく見たら,くきにつながってたようなものが見あたらない。ひょっとしてパイナップルって,竹の子みたいにくきの部分を食べているのかも?
●チューリップみたいに球根で増えていくんだと思う。パイナップルは花が咲かなくても毎年できるんだと思う。



《ア:花は咲く》の予想の理由

●花が咲かなければ,実ができない。ということは,種ができずにこの世にそういう植物が存在しているはずがない。
●今までもそうだったから,パイナップルも同じだと思う。



なるほど。アの予想の子も,イの予想の子もよく考えている。
ノーミソが刺激されたのか,手を挙げずにあちこちで小グループ討論が始まってたので,しばらくそのままにしておいた。
すると・・・「球根っていったけど,それじゃパイナップルは土の中にうまっとるんか?」という声が聞こえてきたので,試しに「パイナップルってどんな風にできるんだろう?」と投げかけてみた。
その結果が,画像の右の方の選択肢。
意外や意外,「椰子の実みたいに,大きな木の上の方にできる」と大多数の子が考えている。最近じゃ鉢植えのパイナップルもけっこう出回っているんだけど,実物を見たことのある子って少ないんだろうか?


さて,結果は例によって連続写真で見せていく。
まずは,鉢植えのパイナップルの写真を見せて,パイナップルのでき方を確認。この時点で「球根説」が崩れ去るf(^ー^;
次に,パイナップルのつぼみがだんだん大きくなっていって,実の側面のうろこのような部分から紫色の変なものがつきだしている画像まで進む。

「え? これって花か?」「いや~,これは違うだろ!」

待ってました! この疑問に明確にこたえるために,「科学の言葉:花」の定義が前時の結果でクローズアップされる構成になっているんだ☆

「いや,ちょっと待ってよ。実は,このうろこからつきだしているのはめしべやおしべらしいよ。そこで受粉があって,この子房が大きく熟していくらしい。確かに,これは花らしきものには見えんけど・・・科学の世界でいう『花』ってどういうことだった?」
「あ!」「・・・ということは!?」
「そう! この紫のおかげでパイナップルの実ができるんだから,これも立派な花なんです。正解はアです!」
「ほな,パイナップルってキク科みたいなもんやな。花がいっぱい集まって,その1つ1つの子房がふくらんで大きな実になるんだろ?」

いや~,子どもたちの発想の豊かさに脱帽です(^_^;)


さて,興奮の結果が出た後は,実際に実の中味の確認です(笑)
2個のパイナップルを35人に行きわたるように切り,1人1人手にとって観察してもらいます。
すると,「なんかめしべみたいなもんがあった!」「せんいみたいなもんがあったけど,これってめしべからつながっとったんちゃうん?」など,ノーミソの目をはたらかせているからこその,するどい発見や気づきをしてくれます。

「ほとんど見つけにくいんやけど,パイナップルも立派な実なんだから,中をよく探してみると,たまに種が入ってるらしいよ。それじゃ~今から,かじって後かたづけしながら種を探してみよう~(^^)/」

こういうと子どもたちは喜んでかぶりつく。 缶詰のものより,はるかにおいしいでしょ?☆
ところで,種が見つかることはほとんど期待してなかったんだけど・・・↓

20060514043601.jpg

ジャーン! これがパイナップルの種だ!!
今年の子は慎重だったのか,はたまた運がよかったのか,3つも見つかったのは初めてだな。


かくして今日も大盛況に終わった『花と実』の授業。
この日の最終授業でもあったので,みんなでパイナップルの片づけをしながら帰りの用意をしていると・・・どこからともなく歌声が・・・!
それはだんだん大きくなり,やがてはバラバラに動いているクラスの子どもたちの多くが声をそろえて合唱になってきた。
歌っているのは【ゆずのセンチメンタル】。朝の会の時に毎日歌っている曲だ。
おそらく,とっても気分がよかったんだろうな~。パイナップルを食べれたお得感もさることながら,これは多分きっと「授業がホントに楽しかったから」!
これまでに学習してきた知識から想像し,見たことも聞いたこともないパイナップルの花の存在を言い当てた快感。はたまた,イメージ豊かに意見をぶつけ合えた満足感。
いずれにせよ,よほど気分がよくないと,こんな場面で鼻歌など出てこないだろう。ましてやそれが大合唱になんて・・・(^^ゞ
帰りのあいさつの前のほんのちょっとした瞬間。なんともいえない幸せな気持ちをかみしめることができました♪
  1. 2006/05/11(木) 14:00:14|
  2. 花と実2006
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花と実17時間目 | ホーム | 花と実15時間目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gkasetsu.blog53.fc2.com/tb.php/82-d686c74b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

徳島で小学校教員をしています。

後藤浩之

Author:後藤浩之
小学校教員になって15年目。
仮説実験授業を始めて14年目です。
よろしければコメントをお願いします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。