仮説つれづれ日記

今年は学校を変わり5年生担任です。仮説実験授業は《花と実》でスタートしました☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

定期講座《浮力と密度》パート2



今日は徳島仮説実験授業定期講座第2期の2回目の日。
とりあげる授業書は前回に引き続き『浮力と密度』。前回,時間が足りずに第1部で終わってしまってたので,今回は,前回の簡単な復習と第2部をすることにしました。

第1部では「浮力の原理」を数々の実験を通して確認していく内容。分かってしまえば簡単なんだけど,反力の存在に気づかなかったり,細々とした部分に気を取られたりで,参加した皆さんの予想が散らばったり・・・講座を担当する者としてはこれ以上ないくらい楽しい講座になりました(笑)

さて,岩波映画のDVDで“浮力”の部分だけを視聴し,講座の方にうつります。画像は【灯油の中にバネにつるしたおもりを入れると,バネの伸びはどうなるか?】という実験をしているところ。ここでも“カメラの三脚”が活躍します。これを使うと実験が非常にやりやすくなる☆
研究会でこの部分に関した資料が発表されたような記憶がないので,今年の夏の大会で“プチ報告”してみようかな??


IMG_0030mini.jpg

【灯油の中に沈めた木ぎれはどうなるでしょう? 浮くか,沈むか,浮きも沈みもしないか?】という問題を考えているところ。
この問題の解釈に最初は悩んだんだけど,参加者のIさんの一言で,そのモヤモヤが一気に解消されました♪
問題は,【浮きも沈みもしない】という選択肢のとらえ方だったんだけど,Iさんいわく・・・
「この問題は,何も入れていない灯油の中に木ぎれを放り込むということじゃなくて,火ばさみか何かで木ぎれをつかんで最初から灯油の中に入れておき,木ぎれを押さえつけていた力を離したら木ぎれがどうなるか?・・・という風にとらえたらいいんじゃないか」ということ☆

なるほど! よくよく問題を読んでみたらそんな気がする(^.^)
これなら,【浮きも沈みもしない】という選択肢の意味も理解できる。
ようは,灯油の中で木ぎれを離したとき,【上に浮き上がるか】【底に沈むか】【そのまま上にも下にも動かずにじっといるか】ってことなんだろうな。
こういう風に,授業運営のポイントについて具体的に意見交換できるのが授業書講座のいいところ(^^)v


IMG_0032mini.jpg

それにしても,灯油のにおいはくさい・・・(^_^;)
教室でやるときにも,これには参るんですよね~。


IMG_0045mini.jpg

第2部では,浮力の原理にとどまらず,“密度”が登場します。
ものの浮き沈みは密度で見ていくと簡単に分かってくるんだけど,どうも密度の理解って数式にかかわることばかり。生き生きとしたイメージでもって密度を思い浮かべることって少ないですよね?
そのあたり,この授業書を体験すると,浮力の原理と密度が体系的につながり,“比重”なんて言葉の意味も理解できるようになります。
画像は,おまけの実験で使用する比重計を見せてまわっているところ。


さて,第2期2回目の講座が終了し,次回まで少しお休みをもらいます。
次回は8月末の予定。とりあげる授業書はまだ未定だけど,決定次第,このblogにてもお知らせします!
  1. 2006/06/10(土) 11:55:51|
  2. 定期講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<虹ビーズの実験道具 | ホーム | 定期講座《浮力と密度》>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gkasetsu.blog53.fc2.com/tb.php/92-0b83d664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

徳島で小学校教員をしています。

後藤浩之

Author:後藤浩之
小学校教員になって15年目。
仮説実験授業を始めて14年目です。
よろしければコメントをお願いします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。